印西市立小林中学校

TOP 学校案内 生徒の活動 PTA JRC 国際交流 リンク サイトマップ 個人情報保護方針

第一章 総 則

(名 称)
第1条 本会は、印西市立小林中学校父母と教師の会(略称小林中PTA)といい、事務所を小林中学校におく。

(目的および事業)
第2条 本会は、父母と教師の協力によって、生徒の健全な成長と幸せの実現をはかることを目的とし、次の事業を行う。
@ 学校教育・家庭教育・社会教育についての理解を深める研修の推進に関すること。
A 生徒の健全な育成をはかるための、学校および地域社会の環境整備に関すること。
B 父母と教師が、相互に理解し協力して生徒の指導に当るための、諸活動の推進に関す   ること。
C 会員の啓蒙と、活動の円滑をはかるための、広報活動に関すること。
D その他本会の目的達成に必要なこと。

(方 針)
第3条 本会は教育を本旨とする民主団体として、次の方針に従って活動する。
@ 生徒の教育ならびに福祉向上のため、他の団体および機関と協力する。
A 特定の政党や宗教にかたよることなく、また営利を目的とする行為には関与しない。
B 学校の人事、その他管理的事項に干渉しない。

(会 員)
第4条 本会の会員は、本校に在学する生徒の父母あるいはこれに代わる親権者、および本校に勤務する学校教職員(以下教職員という)を会員とする。

第二章 組 織

(役 員)
第5条 本会に次の役員を置く。
@ 会 長 1名
A 副会長 2名
B 会 計 3名 (内1名は教頭)
C 書 記 2名 (内1名は教職員)

(役員の任務)
第6条 役員の任務は次のとおりとする。
@ 会長は本会を代表し、会務を総括する。
A 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。
B 会計は会計事務処理一切を行う。
C 書記は重要事項の記録、文章の保存を遂行する。

(役員の任期)
第7条 本会は役員の任期を一年とする。ただし、再選は妨げない。

(会計監査)
第8条 本会に会計監査を2名置く。会計監査は会計を監査し、報告する。任期は一年とする。

(役員及び会計監査の選出)
第9条
 (1) 役員は、会員の中から立候補により選出する。
@ 立候補しようとする人は、期日までに所定の用紙により事務所へ提出する。
A 立候補者がいない場合は、役員選考委員会を設置し、各地区から役員の推薦を行う。
 (2) 会長・副会長・会計・書記及び会計監査は理事会において選出し、総会の承 認を得る。


(理 事)
第10条 本会の活動推進のため次の理事をおく。
@ 地区理事 若干名
A 学級理事 若干名

第11条(理事の選出)
@ 地区理事は、地区会員の互選により選出する。
A 学級理事は、各学級会員の互選により選出する。

第三章 機 関

(機 関)
第12条 本会に次の機関をおく。
@ 総 会
A 理事会
B 常任理事会
C 役員選考委員会

(総 会)
第13条
(1) 総会は本会の最高議決機関であり、定期総会・臨時総会とする。
(2) 定期総会は、年1回開催される。
(3) 臨時総会は、理事会がその必要を認めたとき、または会員の3分の1以上の要求があったとき開催する。
(4) 総会は、会員の過半数(委任状を含む)の出席により成立する。
(5) 総会は、次の事項を決議する。
@ 決算の承認
A 役員及び会計監査の承認
B 行事計画案及び予算案の審議決定
C 会則の改正、変更案の審議決定
D その他本会の運営に関する重要事項の審議決定
(6) 総会の決議は、出席者の2分の1以上の賛成を必要とする。ただし、会則の改廃については出席者の3分の2以上の賛成を必要とする。

(理事会)
第14条 理事会は、会長・副会長・会計・書記・および理事によって構成され、総会に次ぐ議決機関とし次の事項を決議する。決議は、出席者の2分の1以上の賛成を必要とする。
@ 役員および会計監査の選出
A 行事計画案および予算案の審議
B 決算の審議
C 会則の改廃に関する審議
D 慶弔規定及び旅費規定、並びに役員立候補規定の改廃
E その他総会で委譲された事項

(常任理事会)
第15条 常任理事会は、会長・副会長、会計・書記・専門部の部長・および学年部によって構成され、次の事項を決議する。
@ 総会および理事会の議案に関すること。
A 行事およひ活動の企画運営に関すること。
B 各専門部のおよび学年部の活動と調整に関すること。
C 会員の慶弔に関する事項。
D その他役員会で委譲されたこと。

(役員選考委員会)
第16条 役員選考委員会は、現在の会長・副会長・会計・書記ならびに地区責任者で構成し、翌年度の会長・副会長・会計・書記を理事会に推薦する。

(専門部会)
第17条 本会に次の専門部をおく。
@ 研修部会
A 校外指導部会
B 環境整備部会
C 広報部会

第18条 専門部会の構成と任務は、次のとおりとする。
@ 研修部会は、会員の研修に関する活動を企画し運営する。
A 校外指導部会は、生徒の校外生活の指導および地域の環境浄化に関する活動を行う。
B 環境整備部会は、学校内外の環境整備活動を企画し運営する。
C 広報部会は、本会の活動推進に関する広報活動を行う。
D 各専門部には、互選により部長・副部長を各一名おく。

(学年部会)
第19条 学年部会の構成と任務
学年部は学級理事によって構成し、次の活動を行う。
@ 学年、学級PTA活動の企画、運営に関すること。
A 生徒の理解と指導および、会員の融和親睦に関すること。
B 学年部会には、互選により部長・副部長を各一名おく。

(決 議)
第20条 決議を要する事項は、議長が出席の会員または役員に判断を委ねる。なお可否同数の場合は、議長が判断する。

第四章 行 事

(全体行事)
第21条 国際交流等で、各部にまたがる行事をいう。

(構 成)
第22条 常任理事会で調整し理事および、臨時役員をもって構成する。臨時役員の期間は、行事終了までとする。

第五章 会 計

(経 理)
第23条
(1) 本会の経費は、会費及びその他の収入をよってあてる。
(2) 会費は年額5000円とし、前期後期の2期に分けて集金する

(会計年度)
第24条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第六章 雑 則

(詳細補足規定)
第25条 本会の慶弔及び代表の旅費については別途定める。

第26条 役員立候補規定については別途定める。

第27条 本会則は平成2年7月18日より施行する。


[附 則]
この会則は平成2年度から実施する。

[附 記]

会則の一部改正
平成 3年5月11日 慶弔規定 平成 7年4月15日 役員定数
平成 9年4月14日 会費変更 平成13年4月14日 規則改定
平成14年4月20日 役員定数 平成16年4月17日 会費変更

林中PTA慶弔及び旅費規定
小林中学校PTA会則第25条の慶弔及び代表の旅費規定を次のとおりとする。

会員相互の信頼と敬愛をこめて、会の名をもって慶弔のことを行う。
慶弔に関する支出費用は、全て本会の予算から支出する。

【1】慶弔金
@ 結婚 (教職員) 5000円
A 出産 (教職員) 3000円
B 死亡 (会員及び配偶者・生徒) 5000円
C 病気 (会員・生徒)4週間を越える入院 3000円
D 転退職 (教職員) 5000円
E 慶弔規定にない不測の場合は、常任理事会が協議し、緊急の場合は、会長・副会長の協議により行う。
F 慶弔規定により支払われたものについては、一切の返礼は受けないものとする

【2】代表の旅費
会長の命により会議(外部団体主催を含む)、及び研修会等に出席する場合に適用する。
@ 自家用車使用の場合
ガソリン代相当で10km当り百円で計算し一回につき一千円までとする。
A 電車・バス使用の場合
PTA活動に係わる費用については、実費支払とし、限度額は一回について千円とする。

【3】 食事代は、一つの会議で4時間を越えるものについて、1日に付き600円を支給する。

【4】 附 規
@ 本規定は平成 3年3月15日より実施する。
A 本規定は平成 3年5月11日から施行する。

【附記】
規定の一部改正
平成 6年2月26日 平成 8年12月 7日 平成13年 4月14日